Screenshot of www.sbs.com.au
Story Line: Six Months of COVID-19 – The Feed – SBS
ドラッグでの操作感が素敵です。
https://www.sbs.com.au/storyline/
2020-09-07

エンターテイメント・イベント・メッセージ 海外 のデザイン参考サイト
「 Story Line: Six Months of COVID-19 – The Feed – SBS 」

Story Line: Six Months of COVID-19 – The Feed – SBS
ドラッグでの操作感が素敵です。
https://www.sbs.com.au/storyline/
2020-09-07

コンテンツとしても良いものになっています。
Chromeではgoogle翻訳の拡張機能を使用することで、日本語で動画を観ることができるのでおすすめです。

back
Screenshot of www.badass35.com
The Badass Project
ダイナミックな配色とレイアウト、メニューがマウスを追いかける動作などが印象的です。
https://www.badass35.com/en/home
2020-05-28
detail
Screenshot of hitotomori.net
ひとともり
ラインを使用した細かいデザインがシンプルで、とても素敵です。
https://hitotomori.net/
2020-06-26
detail
Screenshot of www.reed.be
Reed, une agence pour votre stratégie digitale
最近の流行である絵文字のようなアイコンの使い方が上手いです。特にコンタクトエリアの吸い付くアイコンが面白いです。
https://www.reed.be/
2020-06-26
detail
Screenshot of a-dot.co.jp
adot|プロデュースカンパニー・エードット
綺麗なクリエイティブが目をひきます。
https://a-dot.co.jp/
2020-05-12
detail
Screenshot of www.nara-u.ac.jp
https://www.nara-u.ac.jp/buddience/
自分と似ている仏様がわかります。
https://www.nara-u.ac.jp/buddience/
2020-09-04
detail
Screenshot of dieselwynwood.miami
Diesel Wynwood ⏤ Condominium
ブラウン管画面のような立体感とコンタクト画面でのざらつきが特徴的です。
https://dieselwynwood.miami/
2020-05-11
detail
Screenshot of agneslloydplatt.com
Agnes Lloyd-Platt
ファビコンにアニgifを設定できるなんて知りませんでした。
https://agneslloydplatt.com/
2020-07-01
detail
Screenshot of umami-ware.com
Umami Ware
MENUという文字だけのナビゲーションなのですが、CLOSEはCLSEと略すのが一般的なのでしょうか?
https://umami-ware.com/
2020-06-29
detail
Screenshot of www.wakabayashi.co.jp
京仏壇・京仏具・伝統工芸 若林佛具製作所
KVスライド部分で、背景を活かしたキャッチ画像の使い方が効果的です。
https://www.wakabayashi.co.jp/
2020-06-15
detail
Screenshot of www.jcomm.co.jp
株式会社 JR西日本コミュニケーションズ
人物画像にマウスオーバーすると、写真の後ろに文字が入る工夫が面白いです。
https://www.jcomm.co.jp/recruit/newgrads/
2020-05-11
detail
Screenshot of ryutanishitani.jp
西谷デザイン
ついスクロールがとまります。
https://ryutanishitani.jp/
2020-07-29
detail
Screenshot of fremtidensuddannelser.dk
SDU – Future Education
アニメーションがと操作感が面白く見てしまいます。
https://fremtidensuddannelser.dk/en
2020-09-04
detail

サイトのキャプチャは、自動的に撮影されている関係で、意図していないデザインが表示されている可能性があります。